名古屋大学大学院経済学研究科
平成29年度 課題設定型ワークショップ

課題設定型ワークショップ 概要  
⑤ 資源・環境・経済成長 本授業は、資源・環境・経済成長に関する特別研究です。

経済のグローバル化・自由化が推進されている一方、環境汚染・所得格差が深刻的な問題となっています。

同時に、加速的工業化・労働移動・都市化・自動車化による炭素排出の急増は地球温暖化の要因として注目されています。

本講義は主に途上国の経済成長と環境汚染・所得格差・炭素排出などの問題を中心に、開発経済学の理論で解釈しながら、それらの問題の対策を検討します。

講義では、国内・海外からこの分野の専門家、経済学者・環境科学者を招聘し、高度な講義・講演を通して、受講生の研究能力を向上させることを目的とします。

※ 木曜5時限目、演習室18(経済学研究科4階)


課題設定型ワークショップカレンダー    
 ワークショップ 日時  場所  報告者  タイトル 
⑤ 資源・環境・経済成長  2017年5月9日
(火)
13:00~18:00
 経済学部棟
第三講義室
 孟渤
(JETROアジア経済研究所・上席研究員)
Recent Trends in Global Trade and Global Value Chains 
 高宇寧
(清華大学国情研究院・准教授)
Regional Economic Growth and CO2 Emissions in China
 雷蕾
(JETROアジア経済研究所・研究員)
Food Security and Public Health
 鄭方婷
(JETROアジア経済研究所・研究員)
Caron Emissions Trading Scheme in China
 ⑤ 資源・環境・経済成長   2017年6月6日
(火)
16:30~18:30
  経済学部棟
第二講義室
斉紹洲
(武漢大学・気候変動とエネルギー経済研究センター長・欧州問題研究センター長)

「市場志向の気候変動対策:中国の炭素排出権取引市場(ETS

Market Oriented Climate Change Policy: the Case of China’s Carbon Emissions Trading Scheme (ETS)

 ⑤ 資源・環境・経済成長   2017年6月20日
(火)
16:30-18:30
  経済学部棟
第二講義室
肖皓
名古屋大学経済学研究科・附属国際経済政策研究センター客員教員,湖南大学経済貿易学院准教授) 
Trade Creation Effect and Trade Diversion Effect in Global Value Chains
 ⑤ 資源・環境・経済成長   2017年7月18日
(火)
13:00~14:30
  経済学部棟
第三講義室
厳 善平
(同志社大学教授) 
中国における1人っ子政策およびその社会経済への影響