名古屋大学大学院経済学研究科
平成28年度 課題設定型ワークショップ

名古屋大学経済学部・経済学研究科 TOPページへ

課題設定型ワークショップカレンダー    (2016年度)
 ワークショップ
Workshop
日時 
Time
 場所
Place
 報告者
Speaker
 タイトル
Title
⑦ 資源・環境・経済成長   2016517 (火)
16:30-18:00
 
経済学部第2講義室   Xin Meng
(Australian National University)
Consumption and saving of migrant households: 2008-2014
 ⑦ 資源・環境・経済成長     2016524 (火)
16:30-18:00
 
経済学部第2講義室  Robert Gregory 
(Australian National University)
Joining the China Club and Leaving the US: Implications of the Extraordinary Australian Income gains from Chinese resource demands 
④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証 2016525 (水)
15:30-17:00
 
名古屋大学経済学部
1階102会議室 
Daisuke Hirata
(Hitotsubashi University) 
On stable and strategy-proof rules in matching markets with contracts
(with Yusuke Kasuya)
④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証   201668 (水)
15:30-17:00
 
 名古屋大学経済学部
1階102会議室
 
 Michinao Okachi
(Australian National Univ.)
Sovereign Default and Financial Intermediaries 
④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証  201620 (水)
15:30-17:00
 名古屋大学経済学部
1階
102会議室
Takeharu Sogo
(Osaka International University)
Endogenous Entry To Security-Bid Auctions (with Dan Bernhardt)
⑦ 資源・環境・経済成長  2016510 (火)
16:30-18:00
 

経済学部第2講義室

孟渤
JETRO-アジア経済研究所

Small and Medium-Sized Enterprises Contribute Most to China’s CO2 Emissions 
④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証  2016511 (水)
15:30-17:00
名古屋大学経済学部
1階102会議室
Chongwoo Choe
(Monash University)
Bailout Stigma
(joint with Yeon-Koo Che and Keeyoung Rhee)
⑦ 資源・環境・経済成長   2016517 (火)
16:30-18:00
 
経済学部第2講義室   Xin Meng
(Australian National University)
Consumption and saving of migrant households: 2008-2014
 ⑦ 資源・環境・経済成長     2016524 (火)
16:30-18:00
 
経済学部第2講義室  Robert Gregory 
(Australian National University)
Joining the China Club and Leaving the US: Implications of the Extraordinary Australian Income gains from Chinese resource demands 
④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証 2016525 (水)
15:30-17:00
 
名古屋大学経済学部
1階102会議室 
Daisuke Hirata
(Hitotsubashi University) 
On stable and strategy-proof rules in matching markets with contracts
(with Yusuke Kasuya)
④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証   201668 (水)
15:30-17:00
 
 名古屋大学経済学部
1階102会議室 
 Michinao Okachi
(Australian National Univ.)
Sovereign Default and Financial Intermediaries 
④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証  2016620 (月)
13:30-15:00
名古屋大学経済学部
1階102会議室
Sandy Tubeuf
(University of Leeds)
Inequality of opportunity at school in rural Bangladesh: to what extent are pupils’ efforts shaped by family background?
④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証  2016629 (水)
15:30-17:00
名古屋大学経済学部
1階102会議室
Hulya Eraslan
(Rice University)
 Information Acquisition under Persuasive Precedent versus Binding Precedent
①社会経済研究   2016629 (水)
16:30-18:00
 名古屋大学経済学部棟
4階 演習室1
 河内信幸氏
(中部大学国際関係学部
教授)
アメリカ景気循環のジレンマ―その背景と要因 
④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証  201676 (水)
15:30-16:30
名古屋大学経済学部
1階102会議室
Olivia Quek
(University of Tokyo)
Revisiting the role of transport costs on spatial market integration in Philippine rice markets
④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証  201676 (水)
16:40-17:40
名古屋大学経済学部
1階102会議室
Hidenori Takahashi
(University of Mannheim)
 Bidding for Contracts:
Moral Hazard and Risk Sharing
⑦ 資源・環境・経済成長   2016711 (月)
10:30~12:00
経済学部棟4階演習室18(408)  孟 渤
(日本貿易振興機構アジア経済研究所、開発研究センター・主任調査研究員) 
Allocating Responsibility for Carbon Emissions along Global Value Chains 
⑦ 資源・環境・経済成長   2016711 (月)
13:30~18:00
経済学部棟4階演習室18(408  Robbie ANDREW
(CICERO Center for International Climate and Environmental Research・研究員、名古屋大学経済学研究科附属国際経済政策研究センター・外国人研究員) 
Spatial Spillover Effects in Determining China’s Regional Carbon Emissions Growth: 2007-2010
 Ge Ying
(対外経済貿易大学教授、名古屋大学経済学研究科附属国際経済政策研究センター・外国人研究員)
Have Public Officials Lost Privilege in Anti-corruption Campaign
 Giovanni Baiocchi(メリーランド大学地理学部・准教授、名古屋大学経済学研究科附属国際経済政策研究センター・外国人客員研究員) Global Income Inequality and Footprint
④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証 2016720 (水)
15:30-17:00
 
名古屋大学経済学部
1階102会議室 
中元康裕
(関西大学)
Heterogeneous EIS and Wealth Distribution in a Neoclassical Growth Model 
④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証  201698 (木)
14:45-16:15
名古屋大学経済学部
1階102会議室 
Aitor Ciarreta
(University of the Basque Country)
Modelling and forcasting volitility in continuous electricity markets
④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証  2016921日 (水)
14:30-16:00
名古屋大学経済学部
1階102会議室
齊藤誠
(一橋大学)
On large-scale money finance in statistics and practice: A case of the Japanese national accounts during and after the World War II
④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証
2016105(水)
15:30-17:00
 
名古屋大学経済学部
1階102会議室 
Shinsuke Uchida
(Nagoya City University)  
Indirect Land Use Effect of Conservation: Disaggregate Slippage in the U.S.Conservation Reserve Program 
名古屋市立大学大学院経済学研究科 火曜研究会との共催
④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証 20161019(水)
15:30-17:00
  
名古屋大学経済学部
1階102会議室 
Hiroaki Miyamoto
(University of Tokyo) 
Uncertainty Shocks and Labor Market Dynamics in Japan
 ①社会経済研究 2016年11月2日(水)
13:00-14:30

名古屋大学経済学部
4 階演習室6
小堀 聡氏
(名古屋大学)
 
 名古屋大学「荒木光太郎文書」の由来と概要
 ①社会経済研究 2016年11月2日(水)
14:45-16:15
名古屋大学経済学部
4 階演習室6
早川大介氏
(愛知大学) 
 明治・大正期の愛知県の金融史-『愛知県史』近代1・2を中心に-(仮題)
④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証 2016年11月2日(水)
15:30-17:00  
名古屋大学経済学部
1階102会議室 
 Munechika Katayama
(Kyoto University)
Uncertainty Shocks and the Relative Price of Investment Goods 
 ①社会経済研究 2016年11月18日(金)
14:45-16:15
 
名古屋大学経済学部
4 階演習室12
田中啓太
(名古屋大学) 
 P. H. ウィックスティードとW. S. ジェヴォンズにみる経済学の数学化
 ①社会経済研究 2016年11月18日(金)
16:30-18:00
 
名古屋大学経済学部
4 階演習室12
長尾伸一
(名古屋大学) 
 18世紀の知的生命論と論理学、数学、ソシアリティ
①社会経済研究  2016年11月30日(水)
13:00-14:30  
 
名古屋大学経済学部
4階 演習室8 
鍋島直樹
(名古屋大学) 
 ケインズの社会哲学と経済政策
④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証  2016年11月30日(水)
15:30-17:00 
名古屋大学経済学部
1階102会議室
 Kengo Nutahara
(Senshu University)
Can the Laffer curve for consumption tax be hump-shaped? 
 ⑦ 資源・環境・経済成長 2016年12月6日(火)
14:45~18:00
経済学部棟第二講義室  Tom Houghton
(Professor and Director of the MBA (Oil & Gas) at Curtin Graduate School of Business, Curtin University, Australia) 
How do changes in oil price affect levels of investment in alternative energy?
 ④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証  2016年12月7日(水)
15:30-17:00 
名古屋大学経済学部
1階102会議室 
Atsushi Ohyama
(Hitotsubashi University)
Industry Growth Through Spinoffs and Acquisitions
①社会経済研究  2016年12月13日(火)
13:00-14:30  
 
名古屋大学経済学部
4階 演習室13 
吉田文和(愛知学院大学教授)  ドイツの挑戦: エネルギー大転換の日独比較
⑦ 資源・環境・経済成長 2016年12月13日(火)
14:45-16:15  
経済学部棟第二講義室  王丹
(湖北経済大学・低炭素経済学院副院長・名古屋大学経済学研究科・附属国際経済政策研究センター・外国研究員)
中国における炭素排出権取引
①社会経済研究  2016年12月21日(水)
10:30-12:00 
 
 名古屋大学経済学部
4 階 演習室12
 藤田真哉
(名古屋大学)
産業別労使交渉をともなうマクロ的メゾ的カレツキアン・モデルの構築(1) 
①社会経済研究  2016年12月21日(水)
13:00-14:30 
 
 名古屋大学経済学部
4 階 演習室12
  藤田真哉
(名古屋大学)
産業別労使交渉をともなうマクロ的メゾ的カレツキアン・モデルの構築(2) 
①社会経済研究  2016年12月23日(金)
13:00-14:30 
 
 名古屋大学経済学部
4 階 演習室14
  長尾伸一
(名古屋大学)
18世紀の知的生命論と論理学、数学、ソシアリティ(続)
①社会経済研究  2016年12月26日(月)
10:30-12:00 
 
 名古屋大学経済学部
4 階 演習室8
  鍋島直樹
(名古屋大学)
金融化と現代資本主義――ポスト・ケインズ派のアプローチ
 ⑦ 資源・環境・経済成長 2017年1月10日(火)
14:45~18:00
経済学部棟
第二講義室 
鄧曲恒
(中国社会科学院経済研究所・教授、マクロ経済学研究室長)  
 Informal Employment Dynamics in Urban China: 2002-2007
①社会経済研究  2017年1月11日()
10:30-12:00 
 
 名古屋大学経済学部
4 階 演習室20
 木越義則
(名古屋大学)
『統計でみる中国近現代経済史』をめぐって
 ⑦ 資源・環境・経済成長 2017年1月18日(水)
14:45-18:00
経済学部棟第二講義室  孟渤
JETRO-IDE・上席研究員
 
 グローバルバリューチェーンにおける温暖化ガス責任分担
①社会経済研究 2017年1月25日()
10:30-12:00
  
 名古屋大学経済学部
4 階 演習室20
 平井健介
(甲南大学)
日本植民地の産業化と技術者――台湾糖業の事例(1907~1921)
①社会経済研究  2017年1月25日()
13:30-15:00
  
 名古屋大学経済学部
4 階 演習室5
 福澤直樹
(名古屋大学)
経済史の中の福祉国家研究
④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証   2017年1月25日(水)
15:30-17:00 
名古屋大学経済学部
1階102会議室 
Takatoshi Tabuchi
(University of Tokyo) 
Multiproduct Oligopoly and Trade Between Asymmetric Countries 
 ④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証  2017年2月8日(水)
15:30-17:00
 
名古屋大学経済学部
1階102会議室 
  Kazuhiro Yamamoto
(Osaka University)
Subsidy competition, imperfect labor markets, and the endogenous entry of firms
 ④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証  2017年3月10日(金)
15:30-17:00
 
名古屋大学経済学部
1階102会議室 
 Brad Larsen (Stanford) A MECHANISM DESIGN APPROACH TO IDENTIFICATION AND ESTIMATION
 ④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証  2017年3月15日(水)
15:30-17:00
 
名古屋大学経済学部
2階208会議室 
 Fumitoshi Moriya
(Kobe City Univ. of Foreign Studies)
Second Price Auction with Jump Bid Rule
 ④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証  2017年3月22日(水)
15:30-17:00
 
名古屋大学経済学部
1階102会議室 
Noriaki Matsushima
(Osaka University)
Strategic Perils of Outsourcing: Sourcing Strategy and Product Positioning
 ④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証, 
Search Theory Workshop 
2017年3月29日(水)
15:00-16:30
 
名古屋大学経済学部
1階102会議室 
 Noritaka Kudoh (Nagoya U) Labor Market Frictions and Entrepreneurship in a Global Economy
 ④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証,
Search Theory Workshop 
2017年3月29日(水)
16:30-18:00
 
名古屋大学経済学部
1階102会議室 
 Katsuya Takii
(Osaka U)
Advertisement versus Motivation in Competitive Search Equilibrium


各課題設定型ワークショップ

概 要 一 覧 
 
①社会経済研究 市場経済の構造と動態を理解するためには、狭い意味での市場的要因だけでなく、市場を取り巻く社会的・政治的諸関係をも考慮しなければならない。

本ワークショップは、経済史・経済学史・政治経済学という3つのアプローチを通じて、現代の世界すなわち資本主義という社会経済システムをより広い視野から把握する応用的能力を育成する。
②Law&Economics Workshop This workshop is organized by a faculty of Economics jointly with a faculty of Law to promote theoretical and practical understandings of legal regulations imposed on economic activities.
③ 経済理論と応用 新古典派の経済理論は、家計内における家計構成員の経済行動を捨象することで理論的精緻が進められたことから、当該の期に行われる経済分析に重点の置かれる本質的には静学的理論構造を持ち、動学への対応は時間選好率(=割引率)によって期と期が結びつけられるという方法がとられている。

一方、家計構成員の経済行動を代表する家計内生産が経済モデルに組み込まれると、明日(つぎの期)も一定確率で家計構成員が「生きる」ことからその経済モデルそのものは本質的に動学となる。

この演習は、家計内生産関数を一般均衡の枠組に組み込むことを試み、家計が中心的な役割を担う「マクロ経済学のミクロ的基礎付け」への理解を促し、1)一般均衡モデルにおける企業および家計行動のモデル化、2)市場財の需給と「家計内財」の生産のメカニズムの理解、および、3)長期均衡の解明等に関する分析の枠組についての検討を通し、経済(つまり一般均衡)において家計が果たす役割についての理論的理解力を促しその政策的応用力を養成する。
④ミクロ・マクロ経済分析:理論と実証 本ワークショップでは、学生がミクロ・マクロ経済学に関する最新研究に触れ、ディスカッションに積極的に参加することを通じ、彼らの視野の広げ研究能力を育む事を目的とする。
The objective of this workshop is, through exposure to the micro/macroeconomic research frontier and the discussions on it, to help broaden participants’ perspectives and foster their research capability.
⑤Economic Policy in European Union In this Work Shop students will study 1)basic macroeconomics regarding economic policy and 2)applications of those policies in European Union.

European Union is an only example for a multinational economic integration all over the world.

In which, monetary policy is conducted by a central bank (European Central Bank: ECB) and fiscal policy is still depending on each government of member country.

Under these circumstances there are difficulties and new mechanisms for economic policy in the EU.

Students study also background, political implementations and results of those economic policies in EU. For instance, we will discuss the reasons and political treatments of Euro Crisis, Situation of Greece, and disparities between north and south member countries.
⑥ Introduction to
Global Management
This workshop overviews current global economy and global management of various issues, such as corporate management, global human resources management and global trade and environmental issues.

By inviting guest speakers from several global companies, we will review the hands-on activities of those companies in the global economy.

By reviewing the Japanese economic history we will try to understand the essential conditions for economic development and globalization.
⑦ 資源・環境・経済成長 本授業は、資源・環境・経済成長に関する特別研究です。

経済のグローバル化・自由化が推進されている一方、環境汚染・所得格差が深刻的な問題となっています。

同時に、加速的工業化・労働移動・都市化・自動車化による炭素排出の急増は地球温暖化の要因として注目されています。

本講義は主に途上国の経済成長と環境汚染・所得格差・炭素排出などの問題を中心に、開発経済学の理論で解釈しながら、それらの問題の対策を検討します。

講義では、国内・海外からこの分野の専門家、経済学者・環境科学者を招聘し、高度な講義・講演を通して、受講生の研究能力を向上させることを目的とします。



名古屋大学経済学部・経済学研究科 TOPページへ